餅つき

en251226_1.jpeg en251226_2.jpeg en251226_3.jpeg 

昔ながらのかまどで薪を焚き、もち米を蒸しあげ、利用者の方々が毎年楽しみ

にされている「かたこしき」を召上がっていただきました。

正月前に喉にひっかけたら大変という思いは毎年ありますが、「あんこ餅」と「き

なこ餅」も準備して小さく刻んで召上がっていただきましたが、「おいしー」という声

があちこちで聞こえた一日でした。

施設の玄関でも実際に利用者様の目の前で餅つきを計画していましたが、当日

は寒かったため正面玄関からガラス越しでしたが交替で見学されました。